水曜どうでしょう 第29弾 DVD Blu-rayに関するお話

1996年より長年にわたって放送されている「水曜どうでしょう」

ご存じ大泉洋とミスターこと鈴井貴之

そしてディレクター陣の藤村Dやうれしーこと嬉野カメラマンによる

4人組を基本とした、旅を中心としたバラエティ番組ですね。

今回はDVD第29弾の概要や販売情報についてご紹介いたします。

概要

収録されている内容は

2010年に行った企画「原付日本列島制覇」

これはかつて行った

「72時間!原付東日本縦断ラリー」

「原付西日本縦断」

の両企画で行くことができなかった

紀伊半島、および四国 を走破し、日本列島制覇をしようという企画。

走破するための乗り物はタイトルの原付とあるように

どうでしょうシリーズでは切っても切れない存在の『カブ』

原付シリーズで見ると今作はベトナム縦断に次ぐ4作目となりますが

レギュラー放送が終了した後8年後の企画となるので

かなりのスパンが空いており

演者二人もいい感じに年を重ねておじさん感が増しています。

ひたすら二人がカブを走らせる後ろ姿の画が続くため

ヴィジュアルではなく走行中に交わされるトークがメインとなっております。

ゆえにトーク中から放たれる発言から名言が誕生することもしばしば。

それを補うようにところどころ積み荷を変えて視聴者を飽きさせまいというヴィジュアル的施策が施されています。

それでも何が起こるかわからないのが旅の醍醐味であり

時折発生するハプニングも見どころの一つであります。

2002年にレギュラー放送終了発表に伴う

一生どうでしょうする宣言通り

それぞれ忙しいながらも不定期に企画を行っており

また、長いスパンでやっているからこそ

各時代でできることも多種多様でそれぞれの楽しみがある作品です。

私自身も放送初期のころはまだ小学生くらいでした。

現在は当初の大泉洋よりも年上になってしまいどれだけの年月が経ったか痛感させられますが

そんな時の流れを感じさせないほど

どの作品もいまだに見ては爆笑しています。

水曜どうでしょうを見たことがない方もぜひ一度

この作品からでもきっと楽しめるかと思いますのでご覧になって見てください。

2010年 夏。
羽田空港から飛行機に乗ると見せかけて、羽田空港近辺の大田区の野原に、前夜、2台のカブを配置。翌朝、その2台を遠くに見下ろす地点まで何も知らない大泉さんを何食わぬ顔で誘導し企画発表を開始。まさかこれからカブに乗せられるとは知らない大泉さんの油断して喋るその奥に、出番を待つ2台のカブが、静かにカメラがズームインを始めると徐々に見えてくるという、金閣寺駐車場でお馴染みのアノ画角から今回の企画は始まるのでございます。

2006年の新作「ヨーロッパ20ヵ国完全制覇 完結編」から3年間新作を作らなかった水曜どうでしょうの空白の時間を一気に取り返すように、ご存知大泉洋さんは堰を切ったように桂浜までカブの上からトークし倒し爆笑の嵐を巻き起こす!夜は酒に酔ったディレクターと2人で意味のわからない張り手の応酬!挙句に酔いが回って腹鼓でその場を締めるていたらく。
「文久三年!嘉永六年!」「黒船襲来!」と雄叫びが耳をつんざき!
ディレクターが思いつきで載せたマルシンと呼ばれる14kgもあるそば屋の出前機にミスター鈴井貴之氏は毎日苦しめられて疲労困憊。
すっかり追い詰められて鈴井貴之氏はある晩、ある挑戦を受け死に物狂いとなり、禁じ手とされる赤福の餅を飲もうとして喉に詰まらせ、命の危険を感じて、慌てて水を飲むが、水は鈴井貴之氏の鼻から垂れてしまう。かくて捨て身の鈴井貴之氏は不本意ながらも水曜どうでしょうの火薬庫としての本領を発揮してしまい「原付日本列島制覇」を長くファンの記憶に残る傑作としてしまいます。
今回のDVD &Blu-rayにご期待ください。

(嬉野Dより)

HTB 商品紹介ページより

販売情報

水曜どうでしょう第29弾DVD&Blu-ray

「原付日本列島制覇」

DVD 価格:4,950円(税込)

・片面2層3枚組

・ドルビーデジタル

・総再生時間:320分

・特典映像&副音声解説付

Blu-ray:5,500円(税込)

・片面2層1枚組

・リニアPCM

・総再生時間:324分

・特典映像&副音声解説付

※Blu-ray特典:オフショット写真集(ディスク内収録)付

販売店

●HTBグッズ取扱店

●HTBオンラインショップ(DVDBlu-ray

●オフィスキューオンラインショップCUEPRO(DVDBlu-ray

最後まで読んでいただきありがとうございました。

あなたのその一読が最高の喜びですw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です